非破壊検査業を通じ、世界の発展に貢献

会社沿革

ごあいさつ

 


辰起非破壊検査工業は、青い海と緑豊かな下松市に位置し、1960年の創業以来、化学プラント機器、発電設備、建築構造物などの工業製品の製造過程における品質管理や、化学プラント製造設備の保守検査、コンクリート内部調査、地中探査などを通じ発展してまいりました。

 技術者の育成はもとより最新の非破壊検査技術にも対応すべく技術研鑽に努めており、世界の発展に寄与する会社を目指します。

 今後なお一層精進・努力を重ね『心輝く』検査会社を目指し、社員一同一丸となって邁進する決意でございますので、変わらぬ御指導御愛顧のほどを賜りますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

 

代表取締役 北川 美一

 

 

 

昭和35年4月

設立

昭和36年6月

社団法人 日本非破壊検査協会入会

昭和49年4月

株式登録

昭和49年10月

日本溶接協会非破壊検査事業者認定

昭和55年9月

西部事業所開設

昭和58年2月

本社移転(下松市大字西豊井1340-8)

昭和63年11月

茨城出張所開設(現 日立出張所)

平成元年1月

地中探査部門営業開始

平成2年11月

検査サービスセンター開設

平成4年1月

社団法人 日本非破壊検査工業会適格事業者認定

平成7年5月

放射線同位元素使用許可

平成9年10月

日本溶接協会溶接構造物非破壊検査事業者認定 D種(UT)

平成16年4月

ISO9001:2000認証取得(本社及びテクニカル事業所)

平成18年12月

現本社へ移転(下松市桜町三丁目2番1号)

平成22年3月

ISO9001:2008認証取得(本社及びテクニカル事業所)

平成23年4月

東亜非破壊検査株式会社のグループ会社となる

平成24年5月

ISO9001:2008認証取得(事業本部、テクニカルグループ、業務グループ、総務部および管理課)

平成25年3月

一般社団法人 日本鉄筋継手協会入会

 


ホーム